赤ちゃんが最初に履く靴

生まれて来た赤ちゃんが最初に履く靴について考えてみたいと思います。

といっても私は靴の専門家ではありません。

なので独自に調べたことを主に一考してみたいと思います。

赤ちゃんが最初に履く靴というのは非常に重要だという考えがヨーロッパの方では昔から定着しています。

特にイタリアではこの考え方が昔より広く伝えられているのでイタリア人は、赤ちゃんが最初に履く靴、すなわちファーストシューズに強いこだわりを持っています。

彼らはファーストシューズは基本的に本革であるべきだと考えています。

そして又、その靴の構造にも深いこだわりを持っています。

本革であることにこだわりを持つのはその素材が持つ良いところがあるからです。

というのは赤ちゃんの足というのは非常に汗をかきやすいものだからです。

この汗による靴の中のムレを解消するには本革が最適なのです。

そのために彼らは子牛の皮や羊の皮の靴をファーストシューズの素材の基本として考えます。子牛や羊の皮は通気性が良く、湿気を外に逃がしてくれるので赤ちゃんの足が蒸れるのを防いでくれるからです。

又、靴の構造へのこだわりというのは、赤ちゃんの足を守る構造になっているのかどうかというこだわりです。

生まれたばかりの赤ちゃんの足は未発達でかよわいものです。

その足を丈夫で健康的に美しく育てるためには靴の構造が良くなくてはならないのです。

そういった観点でイタリアの靴職人はファーストシューズを作るのです。

今、日本でもそういうイタリア製のファーストシューズが上陸してきて話題になっています。

それがファーストシューズ本革です。

口コミでどんどんとファンが日本中に広がって話題になっている靴がこのモネリーナのファーストシューズなんですよ。