冬に逆戻り

昨日までは穏やかな天気だったのに今朝からは又、雪が降り始めて冬に逆戻りしてしまいました。

もう春だというのにとんでもない天気です。

梅の花も蕾が芽生えてきたというのに、これで又、暖かい日は遠のいてしまいました。

でも積もるほどの雪ではないので、少しは安心はしているんですが、気分はさえません。

そう言えば、昨年も三月に入っても雪が降ったような記憶があります。

年々、冬が長くなっていっているような現在の地球環境ですね。

地球温暖化などと言われていますが、どういうことなんでしょうか?

地球温暖化なら冬が短くなるのが理屈だと思うのですが、逆に冬が長くなっているのはどうしても理解が出来ないのです。

日本以外の他の国でも、同じような現象が起きているのでしょうか?

テレビなどで詳しく説明してくれる番組があればいいのですが、そういった番組が放映されないのが残念です。

かと言っても、夏になるとものすごく暑い日々が続くのも、おかしなものです。

春夏秋冬が崩れてきている最近の日本だと思いつつ、日々の暮らしを続けている今日この頃です。